カテゴリー別アーカイブ: IMAGE

大事な三脚マシンの首の関節がとうとう壊れました。
自己修復プログラムがないのでテープで治してあげました。

「テープ デハ シンパイ デス アロンアルファ デ オネガイシマス」

「アロンアルファを試そうとしたんだけどね、長い間使ってなかったからどうも穴が固まってね、詰まっちゃっててね……裁縫の針を思いっきり刺してみたんだけどだめだった。カッターで切ろうとしてみたんだけど、それも固過ぎて無理だった」

「……*…***.*.*.*.***………..*.*……*..*.**…………*.*.**.*.*」

最近、インスタグラムをはじめました。ずっと、「どうも手が出ない」と思っていましたが、魂を売ったんです。
しかし気づきました。
どうせやるなら、好きほうだい変なことをして楽しくやりたいということに。

晴天だったので、柴又ひとり旅してきました。

いろいろ食べ歩き。

“必ず御納得いく!” 良い言葉。
喉が弱いお母さんへのお土産に。

お土産代を別として、色々たくさん食べ歩いても500円弱でした。
どのお店も、おせんべい1枚から、お団子一粒(一串)からというように、食べ歩きの人のために売ってくれているのが優しい参道。
54円の草だんごを1粒だけ買っても、嬉しそうな笑顔で接してくれる。

美味しいお菓子をせっせと作る店の人たちを見て歩くのが楽しい。

帰宅した私の体から、まだ、煎餅屋さんや団子屋さんの煙の匂いがします。いい旅でした。

chie

千恵さんと行った汐留のビルの46階。

いつもは人が多そうなオフィス街が、がらんとしていた。
人っ子ひとりいなくて不思議だねー、と話しながら、遅めのお昼ごはんを食べた。

千恵さんが、食べ終わったパスタとコーヒーの前で、にっこり笑って、
「この時期の非日常感は楽しいですね」と言って、私は心のなかで、こんな素敵な子が親友でいてくれて良かったと思っていた。

46階までの直通エレベーターも千恵さんと二人きりだったので、「うわあああああ怖いー!怖いー!」とはしゃいでしまいました。

hiiro

hiiroさん(DIE LEBENSREISE)の本。
良い本です。良い作品です。

去年の今頃、地獄の底に沈んでいるような心で過ごしていた時、彼女から手紙が届きました。天使の手紙だと想いました。

今日、創り手として誕生した彼女に会いに行って、その素敵な笑顔を見ました。

polym

新譜のビニール袋CDこんな感じです。クロスフェード作り、なんとか間に合わせたい……。