子供の頃は台風が来ることに、わくわくするような気持ちすらあった。

大人になってからは、ただとてつもなく不安で、嫌で、心細い。

色んな場所で誰かしらがひどい目にあうのが嫌でたまらない。
命が脅かされるのはもちろんだけど、農作物がダメになって収入に困る人や、家が壊れて修繕のための費用に首が回らなくなる人。
大切だったものが、あっという間に壊れて、何事も無かったかのように青々とした空が広がる。

見ず知らずのどこかの誰かひどい目にあったり大変な思いをするんじゃないかと考えて、どうしてこんなに猛烈に不安なのか。
それは私が両親と離れて暮らしていて、両親のことがとても心配だからだと思う。
両親に無事、安全で、幸せであって欲しい。
その逆であってほしくない。そう願っている人が沢山いて、その願いが打ち砕かれるのが嫌で嫌で、腹が立って、ばかみたいに気分が悪くなる。

リーブスさんの隠れた名作といえば、勿論、
「陽だまりのグラウンド(Hardball)」だと思います。

Gベイビー。