THE 捻挫

団地の入り口で段差を踏み外して足をやりました。

疲れがたまってお腹も空き始めたら、空間認識系のアレが脳から取れるから気をつけよう。

分かります?空間認識系のアレが脳から取れるんです。


「あ、取れた」って感じ。


こうなると、ピロリロ~ン♪ってリクエスト鳴ったら、

「取れてるから」っつってキャンセルして休憩するのが身のためなんです。


「取れてるから」っつって 。

「脳からアレ取れてるしあの~アレ…細胞のATPのアレも取れてるわ無理」っつって。

ありがとうございます!!!!!!!!!

これを出してからウバオン。ウバッグで郵便局行くのちょっと恥ずかしい。

胃カメラ 略して胃メラ

一か月くらい前に、お腹が空くと胃がめちゃくちゃ痛くなる症状があったので、今日、胃カメラをやってきました。
Uberしていて、疲れてお腹が空いてくると、胃がぎゅーーーっと痛くなることがあって困っていました。

結果は、胃も、十二指腸も食道も問題なしでした。
前にも言われたことがあったけど、ある意味胃が元気過ぎるらしい。
あとは精神的なものかも知れないって。
Uberしてる時は、運転の神経は使うけどストレスは感じないんだけどな。


それにしても、今までやった胃カメラ史上、最強の地獄の苦しみだった……。

眠くなる鎮静剤を注射してくれたものの、全く効かず。
普通は殆どの人が寝ちゃうらしい。

先生「Awakeだねえ。うーん。Awakeだねえ……。どうしようか、苦しいと思うけどこのままやっちゃうね。ごめんね。ちょっと我慢してね」

やめて!超覚醒・交感神経フルスロットル・アウェイクなんですよ!

で、カメラ入れてる間、あまりの苦痛にえずき悶えている私を、看護師さんが優しくさすってくれて、先生は、私の気持ちを和らげようとして色々話しかけてくれていました。

先生「Awakeだねえー。ごめんね、苦しいね。ここまでAwakeの人も珍しいよ。このファイバーがまたぶっといんだよな。これファイバーが太すぎなんだよ。あー全然Awakeだな。こりゃ苦しいよな。拷問だよなー。ごめんね。大丈夫だよー。はい、ほら。潰瘍もガンもないよ、綺麗だよー。はい、あとはもう帰ってくるだけだよ。あと少しだからね。ははは、最後までAwakeだね。いいねいいね。(何がいいんだ)」

そして胃カメラの管が引き抜かれた時、自覚はなかったけど涙まみれだったらしく、看護師さんがティッシュで拭いてくれました。
先生もすごく心配して、何度も「ごめんね」と言ってくれて、やっぱり彼らは本物のヒーローなんだなと思いました。
“Awakeだねえ” が、決め台詞の。

誰か宇宙コロニーの電話番号知ってる?

えっ、知らない……

あ、わたし知ってるけど

うそ、知ってるん?

うん

おはようございやんす🐭

昨日の雨稼働あまりに寒すぎて風邪ひいたかもしんない

Uberで、配達先に到着すると、外に出て待ってくれてるタイプの方がいます。(配達先が病院や会社とかの場合、ほぼ出て来てくれてる)

で、そういう方はだいたい、自転車で近くまで行くと、
「あ、どうもー」とか「ウーバーさん」と、声をかけてくれたり、手を振ってくれるので、

(あっ、この方注文者さんか、出てきてくれたんだ) と、分かるわけです。

そこで、第一声、

「お待たせいたしました!」と言ってしまうんです。反射的に。

そうするとどうなるか。


その場で自転車から降りて、ウバッグを下ろして品物を取り出さなければならないので、そこでまた、

「少々お待ち下さいませ」と言うことになるわけです。

これはおかしいということに今日気づきました。

私よ。
今度から第一声は、「ありがとうございます」にしなさい。

おやすみなさい

電子粒子量子って早口で言ってみて

マックの駐車場の裏で、金髪のUber配達員さんがあぐらをかいて座ってノートみたいなのを開いてペンを持ってたから、

「チャラそうに見えるけど何かの勉強してる!勉強しながらマック地蔵してる!二宮金次郎だ!」

と、思ってよく見たら、ペンじゃなくてどうやら、電子のエレクトロニックなシガレットでした。

でも、何かの勉強はしていたのかも知れない。
素粒子物理とかの勉強をしていた可能性もある。

ノートの中身は観測してないわけだから。

やたらとお腹がすくのも、春眠暁を覚えずが関係してるんですよ。多分。

春眠暁系の症状なんですよ。