鶏野菜カレー

今日のウーバー。
エレベーターなしマンション6階。汗だくで登り、高所恐怖症とめまいで足がすくんでしまった。注文者さんに、
「高所恐怖症で動けなくなりました。申し訳ありません。階段を上がった所に居ますので、取りに来ていただけないでしょうか」
と連絡しかけて、どうにか自分を奮い立たせて思いとどまりました……。(置き配指定だったので、相手の都合を無視することになってしまうと思い)

そして、よりによって6階の一番奥の部屋。わりと歴史あるマンションで、柵が薄いし低い。
お婆さんのように腰をかがめてそろりそろりと歩いて、どうにか部屋の前までたどり着き、いつものペーパーナプキンを敷き、お食事を置いて……

やったぞ!私はやった!


今日は暑かった、ダブル(同じ店から2件の配達依頼)受けたら長距離走るはめになった、タピオカ多かった、エレベーターなしの3階と4階と6階があった、必死で水分補給忘れてた、

生きて帰れたことに感謝。

Uber配達中の公園ごはん。暑そうに工事現場で働いているお兄さん方を見守りつつ……。


道を教えてくれる親切で愉快なおばさん&おじさんが多くて助かっています。

今日もアパートが分からず、(建物にアパート名が書いていない所が時々あって困る)うろうろしていると、近くで掃除をしていたおばさんが教えてくれて、そのアパートで合っていることが分かった。

私が階段で二階へ上がり、品物をドアの前に置いているのを、不思議そうに見ているおばさん。

自転車の所に戻ると、
「あれは何を置いてたの?」
「あ、お食事の配達です」
「あー!(両手をパチンと叩いて) 猫が食べちゃうよ!」
「あはは」

確かに。前も、置いていたウバッグに猫が近寄ってきたことがあった。
というか最近よく猫を見る。

その後、結局おばさんと10分くらい話をし、
そのアパート近辺のおもしろ(?)ご近所情報を聞かせてもらいました。

あと、「猫が食べちゃうよ!」をまた言っていました。

マックの置き配がとても多い。
地面に直で置くのは気が引けるので、↑こんな感じでペーパーナプキンを使っています。

今日はめちゃくちゃ遠い場所まで配達に行ったら、不機嫌そうな女の子が出てきてぶっきらぼうな感じだったので、(向こうはそんなつもりはなく私が気にし過ぎの可能性がある!)少しショボンとしながら配達していました。

その後、高級マンションに配達した時に、置き配指定だったけどドアの前でおじさんが待っていてくれて、「ありがとね」とヤクルトをもらいました!

エレベーターの中で泣きそうになった。そしてヤクルトは冷たくて美味しかった!

恐れていた矢先に、お寿司とおそばのセットがきました。
でも、梱包がしっかりしていて思っていたより難なく運べた。

何ならお寿司より、ラーメンやタピオカの方が難しい。
タピオカは今日同じ店で2回もあった……。

タピオカよ……あんたは一体……なんなんだ……。(一句できました)

「あーくそー!曲作りたい!!」(ウバッグ背負いながら)

脳と行動を一致させねば。

先月くらいからウーバーイーツ配達員をやっていて、だいぶ慣れてきました。
「あの子知ってるー。宅急便やってる子よー」

ピックアップして届けるまでの走行中のアドレナリンがすごい。

特に、緊張と張り詰めた集中力で死ぬかと思ったのは、サーティワンアイスクリームのアイスホールケーキ……。
ずっしりと大きな箱を渡された時、衝撃でも爆発するタイプの時限爆弾を受け取ったかのようでした。

カレーが恐怖だったけどそれ以上が存在したとは。

配達員殺しと噂のお寿司はいまのところリクエスト来たことないけど、自信がない……。


というかアイスケーキって、何その快楽のかけ合わせは…!

快楽かけ合わせ物質を血眼になりながら死に物狂いで運んで差し上げるのが、なかなか不思議と面白いです。

アドレナリンの力ですね。

実家から大量のじゃがいもとそら豆が届いたので、今夜は芋が主食です。

そら豆入りポテトサラダがめちゃくちゃ美味しくて食べすぎてしまう!!

このところ、ずっとディズニー映画観ていた気がする。
「アナと雪の女王」も今頃になって観た人です。


今日は、「SAFE」を観ました。
アクションシーンで銃目線だったりとか、最近の映画ではあまり見ないようなかっこいいカメラワーク。

ジェイソン・ステイサムのちょっと性的な色気が強い感じ、何ですかねあれは。困りますね。

ミスドの抹茶ドーナツ。美味しすぎて脳の中で星が生まれて爆発しました!

たまにこういう幸せがあると幸せな気持ちになって幸せだね。(脳で爆発がおきた人の文章)

「塔の上のラプンツェル」観ました。

とってもロマンチックでしたわ……🌼🌺🏵

それにしても声がマンディ・ムーアだったなんて。大好きで、「チェイシング・リバティ」何回も観たなあ。