またBOOTHでCDを大量に買ってくれたお方がおられました!!

やってくれたわね!!!!



大変、嬉しゅうございます……
ありがとうございます!!

「POLYM」「JUNK」「I made you a mix CD」はBOOTHに並べていませんが、イベント頒布の時には毎回持って行っていますので、その機会に手に入れて頂きたく存じる次第であります!!

「I made you a mix CD」の中では「untitled」が我ながらではありますが、大好きです。
]

わたくしの口に合うごま豆腐と、合わないごま豆腐があることが判明いたしました。
(美味しいごま豆腐と、まずいごま豆腐がある!!!!を、丁寧に言いました)

住所が、マンションの6階の(名前からしておそらく)中国人のお客さまから、配達中にメッセージ。

“門の前に置くいいですか?”

(門!オートロックの前なのか部屋の前なのかどっちだろう……オートロックの前に置いて下さいという人もたまに居るから分からないぞ……)

“オートロックの前でしょうか?お部屋の前でしょうか?”

603。 階段を上がってこい

“了解いたしました”

そして、インターホンで、「お待たせいたしました!ウーバーです!」と挨拶するも、無言ドアオープン。これはたまにいらっしゃるので慣れてますけども。

問題は、「階段を上がってこい」。

目の前には、エレベーターがあるんです。故障とか点検中とかでもない。
しかし、階段を上がってこい、と仰っている。
この文章に、私は正直なところ、かなりぎょっとしていたのです。

まあでも、日本語がつたないだけだろう、と楽観視して、更に、筋トレついでだ、とポジティブに考えて、指示通り階段で6階まで上がったのです。

そして、いつも通り、置き配シートの上にお食事を置いて写真を撮ろうとした時……

“誠にありがとうございます”

ツンデレGoogle翻訳か何かか!!

でも、何かほっこりしたので帰りは普通にエレベーター乗っちゃった。

なんだったんだ……。
やっぱり中国人ということもあり、拳法の仙人気質か何かで、ウーバー配達員の体力を鍛えてやろうという、そういう愛情から……

NOOOOOOOO!!!!!

食べないでくれー!
やめろーーー! やめてくれーーーーー!

同じ番地の家が、道路を挟んだ向こう側にもう一個あるのやめてくれー!

辛いのが苦手なので辛さ控えめスンドゥブチゲ鍋。

あまりの美味しさで左眉毛と右眉毛が入れ替わりました。